私の救世主。オルビスのエクセレント・ホワイトクリームの口コミ!

33歳の女性です。
私は学生の頃から長年、ニキビや毛穴の汚れ、テカリやベタつきなどのトラブルに悩まされてきました。そのせいもあり、自分はオイリー肌であると思い込み、乾燥対策をしたことは一切ありませんでした。ところが30歳を超え、肌の質が変わり始めたことに気がついたのです。

 

肌の状態を気にし始めると、様々なことに気がつきます。鼻の頭や額以外は乾燥していること、目に見えてシミやソバカスが増えてきたこと、ほうれい線が目立ちはじめたことなど、どんどん自分に自信がなくなってきました。それまでは、オルビスのさっぱりタイプという点が特徴の商品を使用していましたが、これを機会に、アイテムを見直してみることにしました。

 

そして使用し始めたのが、オルビスのエクセレントホワイトシリーズ。このシリーズは、オルビス商品の中で最高峰のエイジングケア美白シリーズで、あらゆる角度からのアプローチでハリのある白肌に導いてくれるというものです。そして、このシリーズの中で特に期待できるアイテムが、セラミド配合のエクセレント・ホワイトクリームです。

 

洗顔後、化粧水に重ねてぬるだけなのですが、肌にスッと浸透する感覚がとても気持ちよく、肌によいことをしているという安心感で眠ることができます。翌朝、起きたときの肌の感覚も、しっとりもっちりで、毎朝鏡を見るのが楽しみになるくらいです。

 

セラミドというものは、もともと肌に存在するもので、乾燥や様々な刺激から肌を守ってくれている成分。肌細胞間の必要な水分や油分を保ってくれている、スポンジのような役割をしているもので、肌のバリア成分の約半分がセラミドであるといわれています。乾燥や刺激、乱れた食生活や睡眠不足、ストレス、加齢などが原因で、セラミドが減少してしまい、シワやたるみ、シミやくすみなどにつながってしまうそうです。そこで、セラミド配合のアイテムを使用することで適正な水分や油分が保たれ、アンチエイジングが期待できます。また、適正な水分や油分の確保は、正常な肌のターンオーバーを促し、シミやくすみの改善にもつながります。

 

ここでポイントになってくるのが、セラミドのタイプ。この商品は、私たち人間の肌の成分に近い、ヒト型セラミドとよばれる、セラミド2、セラミド3が配合されているため、肌への浸透力が高いのが特徴です。また、クリームという形状であるからこそ、高保湿処方が実現できたそうで、濃密なセラミドでうるおいを密閉できる保湿力がポイントです。

 

また、この商品は、美白のために考え抜いた成分である、アルブチン、デイリリー花発酵液、セイヨウナツユキソウ花エキスなどを配合しています。これらは、シミが増えやすい年齢肌の根本的な原因であるメラニンの過剰生成を抑制。さらに、加齢によるくすみ特有の黄色っぽいにごり感にも対応し、澄んだ明るい透明肌に導いてくれるのも特徴です。

 

 

使い続けてみて、肌にハリが甦ってきました。指で触れた感覚も、ふっくらとした弾力があり、ほうれい線が目立たなくなってきました。また、目尻の細かいシワが減って、他人から近くで見られることに抵抗がなくなってきました。その他、ハリがなかったせいで目立ってきていた毛穴のたるみも引き締まり、気にならなくなってきたこともうれしい効果です。

 

その他にも、肌の水分量が増えたという実感があり、ぬった後だけでなく、翌朝から日中までも、しっとり感が続きます。夕方になっても肌の乾燥が気にならず、化粧の崩れも許容範囲になりました。

 

また、肌がワントーン明るくなり、気になっていたシミやソバカスが、全体的に薄くなってきました。紫外線が強くなる春から夏の時期だけでなく、秋も冬も紫外線の影響はありますし、紫外線を浴びなくてもシミの部分は過剰にメラニンを作り続けているといわれるので、私は年中このアイテムを使用しています。

 

これからどんどん年齢を重ねていくうえで、とても心強い味方です。